RiceBall融解

teramin.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 30日

TYPE-MOONの奇跡

萌え萌えジャパン TYPE-MOONの奇跡

この間、奈須きのこさん著作「空の境界」を読了したばかり。
ここでは同人、コミケと絡めてTYPE-MOONの足跡を辿っている。
今回は第一回として「月姫」がメインで書かれていた。おそらく次回は「Fate」メインで話が進むのであろう。

もともと漫画家を目指していた武内氏は大学卒業後、ゲーム会社のコンパイル(注8)に入社しグラフィックを担当。同社の破綻後、帰京し就職。本格的に同人活動を始めたのはそれ以降だったそうだ。


おっとびっくり、こんな所でコンパイルが出てくるとは。
コンパイルといえば、先日のエントリーでも書いたが、社長のMOO仁井谷氏がアイキという会社で復活している。

キャラクターデザインにおいてこだわりは特にありませんが、出来る限りシンプルなラインを意識し、作中のキャラクターの長所を伸ばす形で高い普遍性を得られるデザインにしたいとは思っています。個人的には『ファイブスターストーリーズ』のキャラクター設定が理想なんです。あの作品ではキャラクターが、ストーリーと合わさってものすごく高いキャラクター性を獲得していますから。


こちらは同感。FSSは非常に多くのキャラクターが登場するのだが、それぞれがキャラが立っていて、話を引っ張っていっている感じがする。
一人で複数の名前を持っていたり、別の人格を持っていたりするのだが、それらがしっかり機能しているのが面白い。

こないだPCがぶっとんだので、月姫もFateもセーブデータが無い。
イチからやり直そうかな?

第二回が楽しみだ。
[PR]

by teramin | 2004-09-30 11:17 | web巡回


<< 奥田民生、ブログ開始!      佐野市の耳うどん >>